2007年11月22日

白点病治療経過

なんだか金魚ブログになってしまってて

犬(笑)ボクのことを書かないんでしゅか?
DSCF0492.JPG

小鳥アタチのことが先でちよ!
DSCF0917.JPG

なんて声が聞こえてきそうですが、もうちょっとだけ金魚魚です。

Flamの尾鰭に白い小さな点を3つ発見した2日前の朝、
これが噂に聞く白点病?とネットで調べまくりました。
まずは敵のことを良く知らなければ始まりません。
白点病とは、何者ぞ?

調べまくった結果を私なりに解釈して簡単にまとめると
どうやら、たいていの水槽に潜在する寄生虫の一種らしい。
輸送の疲れやストレスで魚の体力が落ちると
魚に寄生→増殖のために魚から離れる→細胞分裂して卵化→
→卵から出て水中を浮遊→再び魚に寄生を繰り返して大繁殖してしまう。
この一連のサイクルは4日。
治療薬はメチレンブルーかマラカイトグリーン。
魚に寄生中と卵化中は薬は効かない。
マラカイトグリーンのほうが良く効くらしいけど
毒性が強く発ガン作用もあるとか。。。顔(なに〜)
ということで、治療薬はメチレンブルーに決定。

薬浴中は餌を与えないことと書かれているサイトもあれば
体力、免疫力をつけるために餌はきちんと与えることとあるサイトもあって
ちょっと悩んだけど、後者のほうが私には納得が出来るので
餌は普段通りにしました。Flamもエサくれ〜!って騒いでたしあせあせ(飛び散る汗)

薬浴を開始してから毎日、目を皿のようにしてFlamを観察したけど
白点は増えてはいない。ということは水中に漂う敵は倒せてるということ。
そして昨日は白点が2つに減り、今朝はきれいさっぱり消えてる!
Flippyは、まったく無傷のまま。
あとは残りの水中漂い組をメチレンブルーがやっつけてパンチくれれば
勝利を宣言してもよさそうな感じです。Good

それにしても、ストレスや疲れで魚が弱ると発生する病気と知って
元気印のFlamがなぜ??と思いましたが
よく考えるとFlippyは、のんびり屋で体力温存型。
泳ぎもゆっくりだし、水槽の中にある隠れがで
昼寝していることもしばしば。
かたやFlamは好奇心のかたまり。
糞掃除のために網を水槽に入れたりすると
ナニナニナニ?と急いで寄ってきたりします。
元気すぎて、必要以上に体力を使ってしまうのかもしれません。ふらふら
かといって、金魚に安静にしてろって言っても通用しないだろうし。。。
栄養価の高いエサとかで体力増進を考えたほうがいいのかも。



ニックネーム Seiko at 20:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 金魚日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

Flamが!!!

今朝、Flamの尾鰭に白い点を3つほど発見。がく〜(落胆した顔)
金魚には、よくある病気の白点病みたいです。
慌ててメチレンブルーという薬注射で薬浴を開始しました。
Flamだけ隔離して薬浴させようかとも思ったんですが
水槽全体の消毒もしたほうがいいみたいなので
Flippyにも付きあってもらうことに。
Flam自身は、エサちょーだい!と元気いっぱいだし
白点病自体、薬浴で簡単に治る病気みたいなので
それほど心配はいらないと思いますが早く治ってよ〜、Flam!!

規定量よりも少なめに入れたのに、真っ青です。。。
DSCF1198.JPG
ニックネーム Seiko at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 金魚日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たかが金魚、されど金魚。

1匹では可哀相。。。と2匹に増えた我が家のらんちゅうですが
この2匹、とっても仲が良いです。
泳ぎ回るのも、寝るのも、いつも一緒。揺れるハート
たまにエサの取り合いで、モメたりもしてますが。。。

上がFlippy(フリッピー)で下にいるのがFlam(フラム)です。
DSCF1197.JPG

ところで、子供の頃に飼ってた金魚は金魚すくいや
近所の小さな金魚屋出身の和金や出目金ばかりだったので
ネットで色々とらんちゅうについて調べてみました。
すると書かれているのは『初心者には難しい』とか
『体質が弱い』とか、怖くなるようなことばっかり。がく〜(落胆した顔)
ちょっと青くなってイギリスの金魚関連のサイトも
色々と見まくってみると、らんちゅうは丈夫で初心者向けとある!
日本のサイトと正反対なんですが
うちのFlippyとFlamはイギリス産だから、丈夫なんだろうと思うことにしました。顔(イヒヒ)

でも、ちょっぴり心配なので金魚の飼い方を検索してみると
ぺ〜は〜(PH)がどうの、アンモニアが硝酸になってどうのとか
ろ過バクテリアがどうのとか、やたらとややこしい。ふらふら
たしか、私の子供の頃はバケツに水を汲み置きした日なた水か
水道水にカルキ抜きをポチャンと落として
ブクブク(いわゆるエアレーション)だけだったと思うんだけど
いつの間にやら金魚の飼い方は、そんなんじゃいけなくなってたらしい。もうやだ〜(悲しい顔)
とりあえず、うちの水槽にはお店で薦められた水中ろ過装置がついてるし
これは、今の水槽よりもワンサイズ大きい水槽でも使えるヤツだから
ろ過能力は問題ないだろうけど、アンモニアやらを分解するための
バクテリアがいないとダメらしい。
でも、バクテリアってどうやって育てるの??と思ったら
今は良い商品があるんですね〜。

それがコレと
a7610g.jpg

コレ。
a7664g.jpg

どっちもバクテリアの濃縮液でアンモニアや硝酸を無害にしたり
エサの食べ残しや糞を分解してくれたりするらしい。
早速、我が家の水槽にも投入しましたよ。
水に色がついたりするわけじゃないし、
目には見えないけど、きっとすごい働きをしてくれる、、、はず?
頑張ってよ〜バクテリア!!Good

ニックネーム Seiko at 03:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 金魚日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする