2008年03月31日

フリッピーの尾鰭に出来もの?

お久しぶりです。
親しらず、なんとか薬で痛みは治まってます。
ご心配をおかけしました。
抜歯は4月7日ですけどね。
まったく、毎度のことながら時間かかりすぎ。。。たらーっ(汗)

ところで、いつも元気いっぱいで食欲旺盛過ぎて
「らんちゅうじゃなくてピラニアどんっ(衝撃)」疑惑のある、我が家の2匹ですが
昨日の朝、フリッピーの尾鰭にプチッと何やら出来ものを発見。がく〜(落胆した顔)
カラムナリスの病巣?(でも充血とかはしてないし。。。)
フィンに噛られたあと?(フィンは餌くれダンス中に
自分の前にフリッピーが来ると尾鰭を噛ることがあるんです。)
フリッピー自身は元気いっぱいだし、
一番良いのは、ちょっと塩水浴をさせることなんだろうけど
この2匹を別居させるのは、ちょっと無理なんだよな〜。顔(汗)

実は、以前フィンが水槽内のオブジェに体を引っ掛けて
鱗を数枚はがしてしまった時に塩水浴のためフィンを隔離したら
フリッピーがパニックになってしまったことがあるのです。
ガラス面にぶつかるんじゃないかってくらいの勢いで
狂ったように泳いでは水草のなかに隠れて出てこなくなる、、を
フィンが本水槽に復帰するまでの約5日間繰り返してたのです。ふらふら
なので、別居は無理。
そして水草が植えてあるので、本水槽での塩水浴も無理。

仕方ないので、アップルスネイルに移動してもらって
本水槽にゼネラルトニック(水草、バクテリアには影響がなくて
病原菌や寄生虫の発生を抑える薬)を投入しました。
この薬の説明書によると、あくまでも予防薬で
治療薬ではなさそうだから、あきらかに病気の兆候がでたら
治療薬の投与も考えなくちゃいけないんだけど
異常のないフィンを薬浴させるのもねえ。。。
あとは、しばらくの間、毎日水換えするくらいかな。
ふう〜。たらーっ(汗)

仲が良いのはいいんだけどね〜。
DSCF1227.JPG


ニックネーム Seiko at 20:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 金魚日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする