2006年07月31日

リーマス渡英に関するあれこれ

ちょっとアクセス解析を見てみたら、UK Pet Schemeのカテゴリを
見て下さってる方が多いので、
今さらですがリーマスが渡英飛行機した時の裏話(?)をちょっとだけ。。。

まず輸送用のケージですがバリケンネル700を使用しました。
ですが、このケージを使うにあたって実は紆余曲折があったんです。
UK Pet Schemeの輸送規則では犬がケージの中で立った状態で
頭と天井の間に10センチ以上の空間がなければならないとなっています。
イギリス到着時に、この規則に反してると検疫官が判断した場合
最悪、動物虐待で数十万円の罰金だそうです。
また、乗せた航空会社にも罰則があるらしいです。

でもリーマスが普通に立ったら完全に天井に頭が付きます。
でもバリケンネル700は市販で最大サイズのケージだし
なによりリーマスはパピーの頃から、これで寝ているので慣れています。
ストレスを減らす為にも普段から使ってる慣れたケージで輸送したいと
UK Pet Scheme指定航空会社になっているブリティッシュエアウェイズ、
日本航空、全日空に問い合わせをしました。
ブリティッシュエアウェイズの返事は絶対にダメ。
離陸寸前であっても、ちょっとでもおかしければ飛行機を待たせてでも
ケージサイズと犬の頭までの高さを測り直すと言われました。
他の2社は、基本的に規則に沿うけど詳しくは通関代行業者と
相談して欲しいとのこと。これは望みありかも、、、と通関代行をしてくれる
業者に連絡。結果、日本航空なら大丈夫、
何より日本航空はペット輸送に慣れてるから安心との返事をもらったので
リーマスは日本航空で輸送することにしました。これが渡英半年前です。

ところがリーマス渡英の約1ヶ月前、チケットの予約も済んで
貨物室にリーマスのスペースを確保してもらう為に通関代行業者に連絡した時に
もう一度、ケージの事を確認すると「日本航空を使うなら
規則に沿った特注ケージを用意したほうが良いかも。。。」などと言われ
ちょっとブチッむかっ(怒り)となりました、私。ちっ(怒った顔)
半年も前に確認して日本航空なら、、というから
それで話を進めてきたのに、直前になって特注ケージをなんて言われて
慣れないケージでパニックになって中で暴れてケガでもしたら
誰が責任を取ってくれるんですか!!と、ちょっと爆発爆弾
その後、あちこちに電話しまくり仕入れた情報によると
輸送基準が一番緩やかなのは全日空。
急遽、全日空に変更です。それにともなってヒースローで
リーマスを受け取ってくれる業者も日本航空指定のJames Cargoから
全日空指定のAir Petsへ変更。この時点で渡英まで1ヶ月を切ってました。

当日、バリケンに便名やリーマスの好きな事や苦手な事を
英語と日本語で書いた紙を貼りつけ、
全日空とヒースローの動物検疫所とAir Petsに「頭が天井につくけど
普段から慣れているケージのほうが犬のストレスも
かなり軽減されて良いとの判断で使用してること」を電話で連絡しました。

急遽、航空会社を変更したのですが
ヒースローに到着してから、これが良いほうへ転がりました。
どの航空会社を使ってもヒースローでの手続きは
受け取り業者を通さなければなりません。
ブリティッシュエアウェイズと日本航空の指定はJames Cargo
全日空の指定はAir Petsです。
James Cargoは普通の貨物取扱業者ですが、Air Petsはボーデイングケンネルです。
そのへんの犬に対する考え方の違いなのか
予想してたよりも、すごく早く出てこれたリーマス。
これからペットを連れて渡英予定の方、お薦めしますよ〜!Good

ニックネーム Seiko at 18:16| Comment(11) | UK Pet Scheme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

快適な空の旅?

リーマスは元々ポワ〜としてて雷や地震などの時も平気で眠る子ですが
それでも、やっぱり初めての飛行機輸送(母犬のお中にいるときに
日本へ来たから2回目?)は心配です。
少しでも不安を取り除いてあげたいのですが鎮静剤等は危険なので
ハーブなど天然のものを使った錠剤とスプレーを用意しました。
錠剤の方はDENESNerve Tbletsというモノ。
スカルキャップというハーブが主成分で
不安や興奮を和らげてくれるらしいです。
スプレーはD.A.P.(Dog Appeasing Pheromone)というので
子育て中の母犬のフェロモンに近いモノで、
やはり不安を静める効果があるとか。
どちらも薬ではないので劇的な効果はないでしょうけど
少しでもリーマスがリラックスして
空の旅を過ごしてくれたら良いのですが。。。

ニックネーム Seiko at 16:22| Comment(2) | TrackBack(0) | UK Pet Scheme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

UK Pet Scheme 今までの経過

イギリスにペットを連れて来るには2通りの方法があって
ひとつは、単純にペットを連れて来てイギリスで半年間の検疫を受ける。
もうひとつはPet Schemeというルールを利用する。
これだとマイクロチップの挿入→狂犬病注射→抗体検査→
半年間日本で待機と手続きは面倒だけど半年間の検疫は免除されます。
そんな訳でリーマスはPet Schemeを利用することにしたのですが
最初の予定では私と一緒に4月にこちらに来るつもりで
昨年から準備をしていたのです。昨年4月にマイクロチップを入れて
5月に狂犬病注射、8月末に抗体検査も合格して準備は完璧のハズだったのですが
昨年11月にマイクロチップを読み取ろうとしたら
なんとマイクロチップが無くなっていた(!)のです。
全身スキャンしまくりレントゲン検査までしたけどどこにもありませんでした。
おそらく傷口が塞がる前に脱落してしまったのでしょう。
挿入翌日から普通に走らせていて何のチェックもしなかった私のミスでした。
その後、新たにマイクロチップを入れ、今度は縫合までして
現在に至ります。何度かチェックもしましたが今回は大丈夫のようです。
リーマス渡英まであと約1ヶ月、私の日本帰国まではあと約10日。
もしリーマスに忘れられていたりしたらどうしよう?!(笑)

ニックネーム Seiko at 16:40| Comment(7) | TrackBack(0) | UK Pet Scheme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする